世界三大薬水について

三大薬水は、メデイアが勝手につけたものです。

本来は、水は薬とは次元が違います。

生命は水から誕生しましたが、薬からは生命は作れません。

それを踏まえると、正しくは世界三大生命水というのが正しいかもしれません。

最近の研究によると、体の乾燥が万病の元であることが分かってきました。

ノルデナウ(ドイツ)・ナダーナ(インド)・トラコテ(メキシコ)の岩盤水は、体に浸透して乾燥した体を潤し、身体を本来の姿に戻す効果が医学的にも証明されています。

三大生命水は、百薬に匹敵するほどの評価を得てきました。

それにより、薬水といわれるようになったのです。